海外不動産
2019.11.28

タイにおける不動産投資のキーポイント

なぜタイの物件を買うべきか 

戦略的な位置

  • タイは、カンボジア、ラオス、ベトナム、ミャンマーの4つのフロンティア市場から飛行機で1時間という戦略的な立地にあります。急速に成長している、これら近隣諸国との抱き合わせで、タイは経済を改善する機会に恵まれるでしょう。

安定性

  • タイバーツは、アジアで最も安定した通貨の1つであり、過去10年間でシンガポールドルまたは日本円よりも変動が少なくなっています。よって、タイの不動産は、その通貨と経済とともに、崩壊する傾向が低いと言われています。これは、投資家にとっては重要なポイントです。

タイの不動産を購入する方法

会社を通じて土地を購入する

  • タイの有限会社を設立して購入することができます。しかし、外国人は会社の株式の49%以上を保有してはならず、少なくとも51%はタイ人が所有している必要があります。

外国人としてアパートを購入する

  • 法的規制のため、ほとんどの外国人はタイでコンドミニアムを購入することを選択します。コンドミニアムであれば、外国人は、自分の名義で購入することができるからです。しかし、物件の51%以上はタイ人が所有していなければいけないという外国人所有割合を制限する規則があります。 

外国人投資家に対する制限

外国人の所有権

  • 前述のとおり、外国人は、タイのフリーホールドコンドミニアムの全ユニットの49%を購入することができます。土地は一切購入することはできません。
  • リースホールドのコンドミニアムは、30年間の所有が認められています。

外国の通貨

  • 最も重要なポイントは、不動産を購入するお金は、海外からタイに移転されたものでなければならないということです。外貨からタイバーツへの交換は、タイの銀行によって、タイで行われていることが必要です。

ローンファイナンス

  • 外国人向けの住宅ローンは、ICBC、中国銀行、UOBなどの国際銀行から入手できます。資金は外国から必要であるため、バンコクで申請が行われ、シンガポールの支店からローンが管理されています。ローンは、通常、シンガポールドルまたはアメリカドルで10年から20年間にわたって提供され、「ローン・オブ・バリュー・レシオ」は最大70%です。
  • ローンの返済は、タイの銀行の支店を通じてタイバーツで行うことができます。

タイへの投資は安全か?

  • タイは所有権の法律がしっかりしており、コンピュータ化された安全なタイトルシステムを提供しています。そのため、政府側では何の問題もないでしょう。また、タイには、評判のよい、長年の経験を持つ大規模なデベロッパーが多く存在します。このような大規模なデベロッパーとの取引では、大きな問題が見られないことが多いです。しかし、経験の浅い中小規模のデベロッパーには注意が必要です。ユニットが完成され、所有権を移転する準備が整ったところで、第三者の検査を入れることがお勧めです。 
PREV マレーシアにおける不動産投資のキーポイント

続きを読む

関連記事