世界,生活費,高い国
(画像=canadastock/Shutterstock.com)

旅をするのと、生活するのでは、かかるお金も違います。金利比較サイトGOBankingRatesが、「The World’s Most Expensive Countries To Live In」として、日常の生活にかかるお金を比較し、世界で最も生活費が高い国ランキングを発表しています。本日は、ランキングのうちトップ10を見ていきます。

このランキングは、2018年4月時点のニューヨーク市を100として、5つの指数(①生活費、②家賃、③食料品、④外食、⑤購買力)で各国を評価しています。

① 生活費:食料品、レストラン、公共交通機関および光熱費(家賃または住宅ローン費用は除く)を含む消費者物価の相対的な指数です。
② 家賃:ニューヨーク市と比較したときの市内の家賃の概算です。
③ 食料品:ニューヨーク市と比較したときの市内での食料品の概算です。
④ 外食:ニューヨーク市と比較した時の、レストランやバーでの飲食代の概算です。
⑤ 購買力:平均賃金に対して物やサービスを購入する際の購買力です。購買力が40だとすると、平均的な給料で購入することができる物やサービスが、ニューヨーク市民が平均的な給料で購入できる物やサービスと比較して60%少ないということです。

ニューヨークは、米国だけでなく、世界でも最も物価が高い都市のひとつとして知られています。今回のランキングで、ニューヨーク市よりも生活費が高いと判定されたのは4か国でした。生活費がニューヨークよりも31%も高いところもあります。

家賃や食費が安くすんでも、他の分野の物価が高い国もあります。税金が高い、賃金が低い、公共交通機関が高い…など、さまざまな要素が住む人の生活費を押し上げる要因となっています。

各国の購買力も考慮されています。手持ちのお金でどのくらいの物やサービスが購入できるかがわかります。一般的に、全体の生活費が高く、購買力が低いほど、この生活費が高い国ランキングでは上位に入ってきます。

では、第10位から順番に見ていきましょう。

第10位
アイルランド

アイルランド

生活費インデックス:85.45
購買力: 96.10

最も生活費の高い国トップ10に入ったのは、アイルランドです。それでも、ニューヨークと比べると15%安くなっています。家賃においては割安で、ニューヨークより53%安くなっています。

第9位
イスラエル

イスラエル

生活費インデックス: 86.53
購買力: 102.30

イスラエルの生活費も高いですが、ニューヨークと比べると13%安くなっています。最も割安なのは、家賃で、ニューヨークより64%安くなっています。

第8位
日本

日本

生活費インデックス: 86.58
購買力: 107.35

全体的な生活費としては、ニューヨークより13%安い日本ですが、特に安いのは家賃で、ニューヨークで支払うであろう金額より74%安いという結果になっています。食料品では8%、外食は51%安く、一方で購買力はニューヨークよりも7%高いという結果になっています。

第7位
シンガポール

シンガポール

生活費インデックス: 91.40
購買力: 95.89

シンガポールの生活費は、ニューヨークよりやや安いレベルです。家賃はニューヨークと比べると28%安くなっています。

第6位
デンマーク

デンマーク

生活費インデックス: 93.30
購買力: 117.53

デンマークの生活費はニューヨークよりわずかに安いですが、購買力においてはニューヨークより高いレベルとなっています。デンマークは、世界で最も外食が高い国第4位です。外食すると、ニューヨークよりも13%高い価格を期待しなければなりません。

第5位
ルクセンブルグ

ルクセンブルグ

生活費インデックス: 96.56
購買力: 116.73

最も生活費が高い国第5位にランクインしたのはルクセンブルグです。ルクセンブルグの購買力はニューヨークよりも16%高くなっています。しかし、外食にはこれが当てはまりません。ルクセンブルグは、世界で最も外食が高い国第5位で、ニューヨークよりも8%高いという結果になっています。

第4位
バハマ

バハマ

生活費インデックス: 100.68
購買力: 71.40

一見すると、常夏のバハマの生活費はニューヨークと同じくらいですが、家賃は65%安いという結果になりました。一方で、バハマは世界で最も魅力的な税制を持つ国です。所得税、法人税、キャピタルゲイン税、相続税がありません。

第3位
ノルウェー

ノルウェー

生活費: 113.70
購買力: 107.95

ノルウェーの家賃はアメリカと比べると半分以下です。一方で、食費は多くかかります。ノルウェーの食料品と外食は世界で3番目に高く、レストランでの食事はニューヨークと比べて25%高いという結果になっています。

第2位
スイス

スイス

生活費インデックス: 131.39
購買力: 126.15

スイスは世界で最も生活費の高い国の一つで、ニューヨークと比べて31%高くなっています。特に食料品の高さは世界第1位です。家賃はニューヨークと比べて半分ですが、個人所得税は全世界所得に対して最大40%にもなります。自宅に住んでいるにもかかわらず家賃収入が発生しているものとみなされて課税がされます。しかし、スイス国民は、ニューヨークと比較して26%高い購買力を享受できます。

第1位
アイスランド

アイスランド

生活費インデックス: 123.96
購買力: 87.84

アイスランドの生活費が高いのは住宅のせいではありません。ニューヨークと比べると家賃は半分以下ですが、食費が高いのです。外食では33%、食料品は19%高くなっています。一方で、購買力は、世界で最も生活費が高い国トップ10の中でバハマを除けば一番低いレベルとなっています。