不動産投資
(画像=barameefotolia/stock.adobe.com)

不動産投資とインデックス投資はどちらもサラリーマンに向いていますが、どちらを始めるべきか判断するのは難しいのではないでしょうか。不動産投資とインデックス投資は投資対象や特徴が異なるので、どちらが自分に合っているかを見極めることが大切です。

不動産投資とは

不動産投資とは、所有しているマンションやアパートの部屋を入居希望者に貸し出し、家賃収入を得る投資方法です。入居者がいれば毎月家賃が入ってくるので、安定した収益が期待できます。マンションなどの住宅や店舗・事務所、駐車場など、投資物件にはさまざまな種類がありますが、住宅は比較的景気に左右されにくい面があります。

投資物件を購入するにはまとまった資金が必要になるため、金融機関の融資を利用するのが一般的です。入居者募集や家賃の回収、修繕といった物件管理は管理会社に任せられるので、仕事が忙しいサラリーマンの方でも取り組みやすいでしょう。

不動産投資のメリット

不動産投資には、以下のようなメリットがあります。

  • 投資物件から毎月家賃収入を得られる
  • 給与以外の収入源を確保できる
  • 生命保険の代わりになる
  • 老後の年金代わりになる

不動産投資は、毎月家賃収入を得られるのが魅力です。基本的にサラリーマンの収入源は給与だけですが、不動産投資を始めれば、働けなくなって給与がなくなっても一定の収入を確保できます。

物件購入で金融機関の融資を利用する際に団体信用生命保険に加入すると、ローン返済中に債務者が死亡してもローン残債は保険金で返済されるので安心です。また、退職後の家賃収入は、老後の年金代わりにもなります。

不動産投資のデメリット

一方で、不動産投資には以下のようなデメリットがあります。

  • 空室リスクが発生する可能性がある
  • 築年数の経過により建物の老朽化が進む
  • 流動性が低い

不動産投資には空室リスクがあり、入居者がいなければ家賃収入は得られません。退去は定期的に発生し、入居者を募集してもすぐに次の入居者が決まるとは限らないため、家賃収入でローンを返済する場合は注意が必要です。

不動産は、築年数の経過により建物の老朽化が進むと物件の市場価値が低下し、修繕やメンテナンス費用が増えていきます。また、不動産は流動性が低く、売却する際は買主を見つける必要があるため、すぐに現金化するのが難しいのもデメリットです。

不動産投資がサラリーマンに向いている理由

不動産投資がサラリーマンに向いている理由は、金融機関の融資を利用しやすいからです。給与という安定収入があるサラリーマンは金融機関からの評価が高く、勤務先や勤続年数、年収によっては購入資金の多くを融資で賄うことができます。

不動産投資は借入金で投資物件を購入し、家賃収入でローン返済することで、それほど自己資金を投入しなくても資産を増やしていけるのが特徴です。金融機関の融資を利用しやすいサラリーマンは、不動産投資に取り組むには非常に有利な立場にあります。

インデックス投資とは

インデックス投資とは、特定の指数(インデックス)に連動する投資成果を目指して運用する投資方法で、インデックスファンド(投資信託)を購入して長期保有するのが一般的です。投資対象となるインデックスにはさまざまな種類があります。代表的なインデックスは以下の通りです。

  • 日経平均株価
  • TOPIX(東証株価指数)
  • S&P500
  • MSCIコクサイ・インデックス
  • MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス

たとえば、「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」のインデックスファンドを購入すれば、世界中の株式に少額から分散投資ができます。インデックスファンドは積立投資に対応しており、積立設定をすれば証券会社が自動的に購入してくれるので、忙しいサラリーマンでも続けやすいでしょう。

インデックス投資のメリット

インデックス投資のメリットは以下の通りです。

  • 市場平均のリターンを得られる
  • 運用コストが低い
  • 時間や手間がかからない
  • 非課税制度が利用できる

インデックスファンドは目標とする指数に投資成果が連動するように機械的に運用されるため、運用コストが低く、市場平均のリターンを得られます。積立設定をすると証券会社が自動的に購入してくれるので、時間や手間がかかりません。

また、「つみたてNISA」や「iDeCo(個人型確定拠出年金)」といった非課税制度を利用すれば、利益に税金がかからないので、効率的に資産を増やせます。

インデックス投資のデメリット

一方で、インデックス投資には以下のようなデメリットもあります。

  • 短期間で資産を増やすのは難しい
  • 株価の暴落局面で積み立てを続けるのが難しい

インデックス投資はインデックスファンドを長期保有し、時間をかけて資産を増やしていく投資方法です。市場平均を超えるリターンは期待できないため、短期間で資産を増やすのは難しいでしょう。

また、インデックス投資は株価の暴落局面で積み立てを続けることで平均取得単価が下がり、株価の回復局面で利益を得られますが、暴落時に積み立てを続けるのは精神的に難しい面もあります。インデックス投資で資産を増やすには、株価が暴落して一時的に含み損が膨らんでも、冷静に積み立てを続けることが大切です。

インデックス投資がサラリーマンに向いている理由

インデックス投資は、インデックスファンドを購入して長期保有するだけなので、忙しいサラリーマンでも続けやすい投資方法です。投資に時間や手間をかける必要がなく、仕事と投資を両立できます。また、毎月の給与から一定額を積み立てられるので、まとまったお金を用意しなくても、収入の範囲ですぐに始められます。

不動産投資とインデックス投資を比較

不動産投資とインデックス投資の比較をまとめました。

不動産投資インデックス投資
投資対象マンション、アパート(区分含む)インデックスファンド(投資信託)
投資金額大きい(数百万円~)小さい(1,000円程度~)
資産の増え方定期収入(家賃収入)値上がり益
複利効果による資産の増加
始め方不動産会社で投資物件を購入
物件管理は管理会社に依頼できる
証券会社でインデックスファンドを購入
メリット毎月家賃収入を得られる
生命保険・年金代わりになる
金融機関の融資を利用できる
市場平均のリターンを得られる
運用コストが低く、時間や手間がかからない
非課税制度が利用できる
デメリット空室リスクがある
建物の老朽化リスクがある
流動性が低い
短期間で資産を増やすのは難しい
株価の暴落局面で投資を続けるのが難しい

不動産投資が向いている人

金融機関の融資を利用しやすいのが、サラリーマンが不動産投資に取り組む最大のメリットです。借入金を利用して投資物件を購入し、家賃収入からローン返済すれば、効率的に資産を増やせます。借金をして投資を始めることに抵抗がなく、給与以外に毎月一定額の収入を確保したい人は不動産投資が向いているでしょう。

インデックス投資が向いている人

インデックス投資は、インデックスファンドを積み立てるだけで済むので、なるべく投資に時間や手間をかけたくない人に向いています。少額から投資を始めたい人や借金に抵抗がある人も、インデックス投資が向いているでしょう。ただし、インデックス投資は短期間で資産を増やすのは難しく、株価の暴落局面でも積み立てを続けられる我慢強さが求められます。

不動産投資とインデックス投資のどちらが向いているかを見極めよう

不動産投資とインデックス投資の最大の違いは、金融機関の融資を利用できるかどうかにあります。不動産投資は物件価格が高額ですが、借入金を利用すれば少ない自己資金で投資を始められ、効率的に資産を増やせます。

インデックス投資は少額から始められ、時間や手間もかかりませんが、株価の暴落局面でも積み立てを続けられるかどうかがポイントになります。

この記事で紹介した内容を参考に、不動産投資とインデックス投資のどちらが向いているかを見極めましょう。

>>通常は見ることのできないマンション開発の裏側を大公開!

【あなたにオススメ】
不動産投資、新築物件と中古物件、どっちを選ぶ?
不動産投資における物件売却のタイミングを考える
副業ブームの日本!サラリーマン大家になるなら覚えておきたいこと
金利1%台で不動産投資できる恵まれた環境
区分所有と一棟所有ではどっちに投資する?