賭けて稼ぐ,ブックメーカー投資
(画像=sutadimage/Shutterstock.com)

スポーツの勝敗予想でお金を増やす「ブックメーカー投資」。スポーツ好きな層を中心に盛り上がりを見せていますが、結局のところ勝てるのでしょうか。この記事では、ブックメーカー投資の基本的な仕組みと勝つための戦略を解説し、本当に勝てるのかどうかを考察します。

「ブックメーカー投資」とは?仕組みを簡単におさらい

ブックメーカーは賭け事ができる場を提供している運営団体のことです。もともとは実店舗で運営されていましたが、今はオンライン上で賭けるのが主流になりました。賭けの対象となる競技はサッカーやテニス、野球、格闘技など多岐にわたります。

また、スポーツ以外にも「ノーベル平和賞の受賞者予想」といったものまであり、あらゆるものが賭けの対象になっているのがブックメーカーの特徴です。

スポーツにおいては勝敗予想以外に「次に点を取るのはどっち?」といった点も賭けの対象になり、それぞれにオッズがつきます。試合前だけでなく試合中も賭けることができ、オッズは常に変化します。

こういったブックメーカーの特徴を活かし、資産形成をはかるのが「ブックメーカー投資」です。

「ブックメーカー投資」で勝つための戦略

ブックメーカーを趣味として楽しむなら、応援するチームに賭けるのもいいでしょう。しかし投資ととらえて資産形成をはかるなら、冷静に勝敗を見極める視点を持つことが大切です。

投資効率を高めようと思うなら、応援する気持ちと賭ける対象とは切り離して、淡々と勝敗予想に徹することが大切です。また勝敗予想が難しい場合は、手を引く勇気も必要です。

1日に取引する金額や、どういった時に勝敗予想から手を引くかなど自分なりのルールを定め、それを厳格に守るようにしましょう。

勝敗予想の的中率を上げれば、それだけ利益が出る可能性は高まります。事前に試合に関するチームや選手のデータを集め、データから勝敗予想を導けるようになれば、ブックメーカー投資で得られる利益は最大化するでしょう。

的中率を上げても利益が上がらない可能性

ブックメーカー投資では的中率を上げることが大切だと解説しました。ただし、的中率が上がったとしても同じ予想をする人が多ければオッズは低くなります。それでは予想が的中して賭けに勝ったとしても、結局大きな利益は得られません。

そのため、ブックメーカー投資を始めると、「大穴に賭けたい」という気持ちが働き始めます。やり過ぎるとギャンブルの深みにはまってしまう可能性があるため、ここは注意が必要です。あくまで自分で決めた資金の範囲内で趣味として楽しむぐらいにとどめておくのが、安心かもしれません。

>>【無料小冊子】ずっと豊かに長生きしたい人へのお金の処方せん

>>【無料小冊子】時間はお金で買える ー あなたの使っている時間は3つのうちどれ?

【あなたにオススメ】
令和時代に注目したい、テンバガー候補銘柄
実物投資、今から始めるなら何がおすすめ?
令和で見直される「京都銘柄」とは何か
ベンチャーキャピタル投資は儲かる?儲からない?
金融庁が発表した「衝撃の提言」の現実味を検証して老後に備える