セレブが暮らす街といえば、港区の名前を挙げる人が多いでしょう。交通アクセスも良く、緑の多い閑静な住宅街もある港区は、セレブが好んで住居とするエリアです。しかし、セレブたちが次に狙いを定めているエリアは港区以外にもあるようです。ここでは、富裕層に人気が出そうなエリアを予想していきます。

東京五輪選手村建設予定地!中央区のタワーマンションにセレブが集まる?

ポスト港区!? 次に富裕層が住み始めるセレブ区はここだ!
(画像=Dariusz Jarzabek/Shutterstock.com)

どうせ暮らすなら新築マンションがいい!そんなセレブが注目しているのが、中央区月島の「MID TOWER GRAND」です。地上32階、2020年10月完成予定のMID TOWER GRANDはすでに分譲分は完売済みと人気のマンションで、外観デザインもさることながら、東京の夜景が一望できる高級感あふれる内装にも要注目です。完成後は、月島のシンボルマークとなるでしょう。

さらにハイグレードなマンション「DEUX TOURS」も人気です。総戸数1,450戸、都営大江戸線勝どき液から徒歩9分の好立地にある、地上52階建ての免震ツインタワーマンションです。こちらはSOHO分譲も可能なので、自宅をオフィスにしている方にも向いています。

マンション内には2種類のサウナ付きのスパがある豪華仕様。ホテルのようなグランドロビーも印象的です。

月島といえば、「もんじゃ」が名物であることから下町イメージの強いエリアですが、東京五輪の選手村の予定地に近いことから、今後の発展が期待されている地域でもあります。また、日本の歴史を感じさせてくれるエリアですから、日本の伝統と近代の利便性の両方を感じながら落ち着きのある暮らしができそうです。

IT企業が再び集まる、再開発中の渋谷も人気

IT企業が再び集結している、再開発中の渋谷も今後注目のエリアです。若者の街のイメージが強かった渋谷も、今やすっかりオフィスの印象に変わりました。新しい顔を見せる渋谷の新築マンションをチェックしてみましょう。

とにかく高級なマンションを求めているのなら、「ザ・パークハウス渋谷南平台」がおすすめです。渋谷駅から徒歩7分、静かな高台にあるホテルライクなマンションは、自分が特別な存在であることを毎日再確認できるようなラグジュアリーさを持っています。販売価格は約1億2,500万円から。

渋谷にオフィスを構えているセレブなら、オフィス近くに住まいを持つことで、通勤時間を短縮できます。

次はどこに住む?新築マンションを要チェック

次はどこに住もうか、迷ったときにはこれから販売する新築マンションをチェックしてみましょう。今後活況を呈するエリアも、マンションの建築件数から予想できます。

>>通常は見ることのできないマンション開発の裏側を大公開!

【あなたにオススメ】
賃貸業界の黒船になるか。インド発のOYOの実態
空き家の活用促進にも効果あり。浸透するデュアルライフとは
次世代のスタンダードになるか?サブスクリプション型賃貸住宅とは
時間軸を変えることでマネタイズ!タイムシェアという選択
不動産投資の「2022年問題」とは?土地オーナーが知っておくべき知識