新大阪
(画像=Loco/stock.adobe.com)

大阪の玄関口・新大阪駅に注目する。
大阪で新幹線が乗り入れするのは新大阪駅だけだが、単なる乗り継ぎ駅の強いイメージから大きく変わるかもしれない。

今後、期待される鉄道の新線が実現すると、交通が一層便利になり、更に不動産の開発は加速するだろう。

「おおさか東線」の全通

『おおさか東線は、旅客輸送を行うため城東貨物線の施設や用地を活用しながら複線化・電化を行い、新大阪駅から大阪東部地域を経て大和路線の久宝寺駅にいたる旅客線を整備するもので、平成20年3月放出から久宝寺までの南区間(9.2㎞)が開業しました。
引き続き新大阪から放出までの北区間(11.1㎞)の建設を進めてきましたが、平成31年3月16日に全線開業しました。』
「大阪外環状鉄道㈱HPより引用」

新大阪
「出典:JR西日本HP」

もともと存在していた城東貨物線を複線化し、新駅や新大阪への乗り入れルートが建設された。また、鴫野~放出間で線路を共用していた学研都市線との分離・複々線化などが行われた。

特に、新たに開設された「南吹田」と「城北公園通」は、これまでバスしか公共交通機関がなかった地域であったが、交通の改善がおおいに期待できる。
周辺地域はもちろん、新大阪へのアクセス改善によって、新幹線を便利に利用できるようなった。

また、新大阪駅から奈良駅へ毎日4往復の直通快速が運行されており、新大阪~奈良間を1時間以内で移動できるようになった。
これまでは、新幹線で京都駅を経由するか、梅田や難波まで出て乗り継ぐ必要があったが、「西」からの観光・出張の利便性が一気に向上することとなる。

阪急・新大阪駅の誕生? ~新大阪連絡線~

現在、阪急電鉄は周辺に複数の路線を持つが、「新大阪」駅への乗り入れはない。
十三~新大阪間2.1kmに新線の建設計画があり、これが「新大阪連絡線」だ。

新大阪
「出典:東海道新幹線の輸送力増強に向けた新大阪駅ホーム等増設計画 JR東海 建設工事部土木工事課」

新幹線の線路北側には、空地があり「新大阪連絡線」の予定地となっている。
具体的な計画は決まってないが、新幹線線路沿いを沿って西に向かい、阪急宝塚線線路の手前で南下し「十三」駅へ繋がるかたちとなっている。

これが実現すれば、新大阪を経由して、京都~神戸間を直通できる可能性が一気に高まる。

この計画は、東海道新幹線の建設決定を受けて計画され、阪急電鉄は用地取得と準備工事も着手していたが、なかなか進展せず現在に至っている。

ところが2017年5月に発表された、なにわ筋線の整備に向けてのプレスリリースには大阪府・大阪市・JR西日本・南海電鉄・阪急電鉄の5連名となっており、阪急電鉄がこの計画に参加することがあきらかになった。

この発表により、仮称・北梅田駅(現在は、「大阪」駅となることが決定している)から阪急・十三駅と繋がる「阪急なにわ筋連絡線」の建設が検討されていることがわかっており、「新大阪連絡線」とあわせて事業化が検討されている。

なにわ筋線の開通はいつ?

事業は2019~2031年度、開業は2031年度春と予定されており、総事業費は約3300億円。中之島(仮)・西本町(仮)・新難波(仮)の3駅が設置される予定だ。

まだまだ先の話だが、これが実現すると関西空港から新大阪が直結し、更に利便性の向上が期待できる。

新大阪
「出典:大阪市発表(なにわ筋線の整備に向けて)一部加筆」

リニアは?

中央リニア新幹線は、東京・品川駅から名古屋駅を経由して新大阪駅まで結ぶリニアモーターカーの新幹線計画だ。
最高設計速度は時速505km、完成すると、営業速度が世界最速の陸上交通機関となる。品川~名古屋間を約40分、品川~新大阪間は最短67分で結ばれると言われている。
品川~名古屋間が建設中で開業予定は2027年、名古屋~新大阪間の開業は最短で2037年とされている。

大阪府は2037年のリニア全線開通を踏まえ、新大阪駅周辺地域の20〜30年先を見据えたまちづくりを目指す。
新大阪駅は関西や西日本の交通拠点となり、日本屈指の一大広域交通ターミナルになる見込みだ。
将来の新大阪駅が日本やアジアの各拠点をつなぎ、世界の新しい価値を引き込むものとなる。

「新大阪」の不動産はどうか?

大阪市中心部のオフィス不足やインバウンド市場が好調であったために、賃料や土地の価格に割安感のある「新大阪」エリアにオフィスビルやホテルの建設が流れ込んでいる。

新大阪のオフィスビル開発

JR西日本不動産開発株式会社は新大阪エリアにオフィスビルの2棟の開発に着手した。
「新大阪」エリアでは比較的大型のオフィスビルが集まる宮原エリアだ。
いずれも、2022年春竣工を予定している。

完成イメージパース(実際の建物と異なる場合があります。)

新大阪
「出典:JR西日本不動産開発㈱プレスリリース」
建物構造鉄骨造 地上13階建鉄骨造 地上8階建
建物用途オフィス、店舗、駐車場オフィス、駐車場
敷地面積約3,200㎡約2,150㎡
延床面積約25,500㎡約13,500㎡
開業予定2022年春2022年春

『計画地は、新大阪エリアの中でも大型オフィスが集積する宮原エリアに位置します。新大阪エリアはリニア中央新幹線や北陸新幹線延伸の構想もあり、今後も交通の要所としてますますの発展が見込まれます。JR西日本グループにおいても中期経営計画に「新大阪エリアの広域ハブ拠点化と国際ビジネス立地のポテンシャル発揮」を掲げ、新大阪エリアの拠点性向上を目指しています。今回、関西都市圏におけるJR西日本グループ初の大型オフィス開発を行い、拠点性向上に寄与する開発を進めてまいります。』
「JR西日本不動産開発株式会社プレスリリースより引用」

関西エリアへPMO シリーズを初供給

『野村不動産株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:宮嶋 誠一、以下当社)は、2023 年までに、当社が2008 年より展開してきた中規模ハイグレード型オフィスブランド「PMO」を含む、全5 物件のオフィスビルを関西エリアにて展開することを決定しました。尚、同ブランドの東京エリア以外での展開は初めてとなります。』
「野村不動産㈱プレスリリースより引用」

野村不動産が「新大阪」エリアに、新ブランド「PMO EX 新大阪」を2021年夏に開業する。

東京ではすっかり有名となった野村不動産の中規模ハイグレード型オフィスブランド「PMO」だが、今回初めて関西エリアで開発されることとなった。
2023年までに全5物件の展開を予定しているが、最初に開業するのが、「PMO EX 新大阪」だ。

「PMO」シリーズは、1フロア1テナントをコンセプトにハイグレード型オフィスブランドを2008年から展開してきた。『グレード感や機能性は落とさずに、もっと小さな面積帯で利用できるようにしたい』というニーズに応えて立ち上げられた新ブランドだ。

PMOとPMO EXの違い

PMOPMO EX
面積帯のフレキシビリティ1フロア1テナントを原則1フロアの分割に対応
共用利用スペース原則なし原則あり
PMO EX 新大阪 外観 完成予想CG

新大阪
新大阪のホテル開発(2020年開業-予定含む-)
建物構造鉄骨造 地上12階建
建物用途オフィス
敷地面積約1,473㎡
延床面積約9,662㎡
開業予定2021年夏

「出典:野村不動産㈱プレスリリース」

開業日-予定含む-名称構造客室数
2020年1月ホテルWBF新大阪スカイタワー鉄骨造 地上32階建400室
2020年5月アパホテル新大坂駅前鉄骨造 地上15階建660室
2020年6月名鉄イン新大阪駅東口鉄骨造 地上10階建120室
2020年12月アパホテル新大阪南方駅前鉄骨造 地上12階建179室
新大阪
新大阪

このように、オフィスビル・ホテルが次々と開発されている。
今後は、ビジネス目的や訪日外国人・国内旅行者が「新大阪」へ集まる可能性が高い。

大阪と言えば、キタと呼ばれる梅田エリア、ミナミと呼ばれる難波・心斎橋エリアが経済の中心となっているが、「新大阪」がもつポテンシャルは高く、計画されている構想が実現されれば、「新大阪」が一気に巻き返す日が来るかもしれない。

今後の動向に目を離せない。

>>【無料小冊子】不動産投資ローンマニュアル - 仕組みから審査攻略法までを解説

>>【無料小冊子】40の金融機関と接する融資のプロがコロナ禍でも融資を引き出せる方法を解説

【あなたにオススメ】
地方の不動産投資で活路を見出す方法と人口減少への対策
不動産購入前のエリアマーケティング
不動産投資をするなら東京と地方のどっち?エリア選定3つのポイント
投資先としての将来性に期待広がる 住みたい街ランキングの「穴場」に注目!
リセールバリューからみた不動産投資先エリア選び【後編】首都圏のマンションなら駅徒歩5分以内が必須