トレンド
2019.4.26

賃貸業界の黒船になるか。インド発のOYOの実態

(写真=NicoElNino/Shutterstock.com)
(写真=NicoElNino/Shutterstock.com)
スマホ1つで簡単に入居できる「OYO LIFE」。2019年3月28日、インド発のホテル会社OYOがYahoo!Japanとともに、一風変わった賃貸サービスの提供を開始しました。日本の賃貸業界を大きく変える可能性のある「OYO LIFE」の実態に迫ります。

「OYO LIFE」で日本の賃貸市場が変わる

「旅するように暮らそう」という魅惑的なキャッチコピーをかかげたOYO LIFE(オヨライフ)が、サービス提供を開始しました。「OYO LIFE」では、敷金礼金不要で、スマホ1つで簡単に入居することができます。家具家電つきでWi-Fi完備なので、手ぶらで入居しても問題ありません。食器やタオル、シーツや枕カバー、掃除機、物干しざお、カーテンなど生活に必要なものは一通りそろっています。

「OYO LIFE」の公式ページでは「東池袋駅から徒歩6分1K、15万7,000円」など駅近の物件が多数紹介されています。2019年4月時点は首都圏のみですが、順次拡大予定とのことです。今後は、地方都市をはじめ全国的にサービス展開していくと予想されます。「OYO LIFE」のサービスは、インドのホテル運用会社OYOとYahoo!Japanが設立した合弁会社によって運営されています。

OYOはインドのベンチャー企業で、世界8ヵ国に不動産事業を展開するグローバル企業です。「OYO LIFE」という新たなサービスによって、日本の賃貸市場は大きく変革のときを迎えているといえるでしょう。

「OYO LIFE」のサービスの特徴

「OYO LIFE」では、31日以上90日以内のショートステイと91日以上のロングステイの2種類を選択することができます。最短の契約期間は31日です。また、「OYO LIFE」には数日間のお試し期間が設けられているため、安心して契約することができます。「OYO LIFE」では、スマホで物件探し・契約・決済のすべてを行うことができ、最短30分で入居可能です。

敷金礼金だけでなく、仲介手数料も発生しません。また、家事代行や公共料金、通信費などがサービスに含まれています。「OYO LIFE」の賃料は、首都圏の駅近物件であることから、マンションタイプで10万円超からと少し高めな印象です。しかし、引越しにかかる費用や入居までの手続きの煩雑さなどを差し引けば、「OYO LIFE」の方が安くすむ可能性もあります。

また、「OYO PASSPORT」という定額サービスに加入することで、家事代行やシェアオフィス、カーシェアなどOYOの提携企業のサービスを1カ月無料体験することが可能です。OYOは、今後も積極的に提携企業を増やしていく姿勢で、「OYO PASSPORT」はさらに充実していくことが予想されます。「OYO LIFE」が提案するように、仕事や気分に応じてあちこちの物件を渡り歩く生き方はもちろん、旅行や出張などの短期滞在でも活用できそうです。

「OYO LIFE」は賃貸市場だけでなく、人々の暮らし方や余暇の過ごし方にも大きな影響を与える可能性があります。最近では、断捨離の流行やモノを所有しないミニマリストの生き方が注目されるなど、「所有」から「共有」へと時代が移行しつつある傾向です。豊か過ぎる現代社会において、所有がステータスとなる時代は終わり、身軽に自分らしく生きることこそが憧れの対象となっています。

そんな人々の意識の移り変わりに対応した新たな不動産経営のあり方を、「OYO LIFE」は示してくれているといえるでしょう。

>>次世代のスタンダードになるか?サブスクリプション型賃貸住宅とは

「OYO LIFE」は不動産オーナーにもメリットがある

「OYO LIFE」は不動産オーナーに対して賃貸物件の登録を促しています。「OYO LIFE」と契約することで、長期借り上げによって空室リスクがなくなることや、管理会社への手数料支払いがなくなること、定期的なメンテナンスで賃貸物件の価値が保たれることなど、不動産オーナーにとってもメリットが多い傾向です。「OYO LIFE」は、人工知能をはじめとしたITのスペシャリストを数多く抱え、宿泊データの分析によって最適な賃料設定や空室リスクの低減に日々努めています。

ホテル事業においては、ホテルオーナー向けに収益や入居率をスマホで管理できるツールも提供。今後、入居者向けのサービスが拡充されるとともに、オーナー向けサービスも向上していく可能性があります。首都圏の駅近の賃貸物件はもちろん、地方都市の物件を所有する不動産オーナーも、「OYO LIFE」の動向には注目しておきたいものです。

>>【注目】YANUSYがはじまった理由と今後の展望とは?

>>【無料小冊子】ずっと豊かに長生きしたい人へのお金の処方せん

>>【無料小冊子】時間はお金で買える ー あなたの使っている時間は3つのうちどれ?
 

>>通常は見ることのできないマンション開発の裏側を大公開!

【あなたにオススメ】
自治体が進めるコンパクトシティ構想に注目しよう!
空き家の活用促進にも効果あり。浸透するデュアルライフとは
次世代のスタンダードになるか?サブスクリプション型賃貸住宅とは
時間軸を変えることでマネタイズ!タイムシェアという選択
不動産投資の「2022年問題」とは?土地オーナーが知っておくべき知識

NEXT 不動産投資の「2022年問題」とは?土地オーナーが知っておくべき知識
PREV ホームインスペクションが目指す世界

続きを読む

関連記事