チケットなし,オリンピック観戦
(画像=Duncan Andison / Shutterstock.com)

東京オリンピック開催まで、いよいよ残すところあとわずかとなりました。「チケットなしでオリンピックを観戦したい」と思う人も多いはず。この記事では、無料で観戦できる競技の種類と会場となる場所を紹介します。観戦のためのポイントも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

東京でチケットなしで観戦できるオリンピック競技

まず、東京でチケットなしで観戦できるオリンピック競技を4つ紹介します。

自転車ロードレース

スタート会場となるのは、東京都府中市にある武蔵野森公園です。その後のレースは市街地で行われるため、チケットなしでも観戦できます。市街地はもちろん、山中湖も観戦ポイントとしておすすめです。

自転車ロードレースでは、選手が通り抜けるのは本当に一瞬のことです。遠方から来る場合、「一瞬のために一日がかり」になる可能性も考えられますが、世界の選手たちがしのぎを削る様子に、きっと感動を覚えるでしょう。

マラソンスイミング/トライアスロン

マラソンスイミングとトライアスロンは、どちらもお台場海浜公園が会場です。チケットなしの場合は遠目にはなりますが、十分観戦できます。マラソンスイミングの場合、レインボーブリッジから観戦すれば、素敵な写真が撮れる可能性もあります。

カヌー

東京都江戸川区のカヌー・スラロームセンターがカヌーの会場です。隣には葛西臨海公園があり、会場間近に「ダイヤと花の大観覧車」があるため、観覧車に乗ればオリンピックを観戦できる可能性が高いでしょう。観覧車の乗車料金は1周17分で700円です。

チケットなしでも空からオリンピック観戦できるなんて素敵ですね。ただし当日は人が殺到することが予想されるため、入念な事前準備が大切です。

北海道でチケットなしで観戦できるオリンピック競技

続いて、北海道でチケットなしで観戦できるオリンピック競技を2つ紹介します。

マラソン/陸上競歩

札幌市にある札幌大通公園がマラソンと陸上競歩の会場です。マラソンも陸上競歩もチケットなしで観戦できる代表格。宿泊施設などが早めに埋まってしまう可能性が高いので、観戦したい人は事前にしっかりと押さえておきましょう。

千葉でチケットなしで観戦できるオリンピック競技

最後に、千葉でチケットなしで観戦できる可能性の高いオリンピック競技を紹介します。

サーフィン

千葉では、釣ヶ崎海岸サーフィンビーチでサーフィン競技が行われます。規制エリアには入れませんが、海側から観戦できる可能性があるため、チケットなしでオリンピック観戦したい人は要チェックです。

オリンピックを日本で生観戦できるのは、一生に一度のことになるかもしれません。チケットが取れなかった!という人も、あきらめずにチケットなし観戦にチャレンジしてみてください。

>>通常は見ることのできないマンション開発の裏側を大公開!

【あなたにオススメ】
賃貸業界の黒船になるか。インド発のOYOの実態
空き家の活用促進にも効果あり。浸透するデュアルライフとは
次世代のスタンダードになるか?サブスクリプション型賃貸住宅とは
時間軸を変えることでマネタイズ!タイムシェアという選択
不動産投資の「2022年問題」とは?土地オーナーが知っておくべき知識