IoT住宅からVR内覧まで、5Gスタートで変わる不動産経営
(画像=zhu-difeng/stock.adobe.com)

2020年3月に注目の5G(第5世代移動通信システム)がスタートしました。5Gは今後の不動産経営にも影響を与えるといわれています。そこでIT技術を駆使した5G時代の不動産経営について考えてみましょう。

5Gとは何か

5Gとは「5th Generation」の略で次世代の通信規格を指します。性能面では、これまでの4Gに比べて20倍の通信速度を誇り10倍のデバイスを接続できるといわれているのです。遅延は4Gの10分の1になるため、あらゆる機器からストレスなくネットワークを使えるようになります(性能はソフトバンクの例)。5Gに通信規格がバージョンアップされることは、不動産経営にもITを活用した革命をもたらす可能性があるのです。一体どのような戦略が可能になるのでしょうか。

5GでIoT住宅の普及が加速するか

5Gがスタートしたことにより今後普及が進むといわれているのがIoT住宅です。IoTとは、Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」と訳される技術のこと。以前はパソコンとIT関連機器などコンピュータ同士をつなぐ手段だったインターネットが今ではテレビやデジタルレコーダーなどのデジタル情報家電にも接続されるようになりました。

中でもスマホに音声で質問できることでおなじみのスマートスピーカーの技術はさまざまな機器に利用できます。IoT住宅は、このIoTの技術を取り入れた住宅です。例えば声を掛けるだけでエアコンやテレビがついたり外出先から風呂を沸かしたりすることもできます。さらに帰宅時に宅配ボックスに荷物が届いていることをスマホで確認できるなど生活の利便性が格段に向上することが期待できるでしょう。

VR内覧やIT重説で不動産の契約までが簡素化

5Gがスタートしたことにより「不動産の契約までのプロセスがより簡素化される」という見方があります。その一つが、「VR内覧」と呼ばれる物件の内覧方法です。VR画像を見るためのゴーグルがあれば現地に行かなくても不動産会社の店舗や自宅にいながら物件を複数内覧できるため、時間を大幅に短縮できます。

もう一つは契約時の重要事項説明がIT重説になることです。これまで重要事項説明は、宅地建物取引業法第35条により対面で行うことが義務づけられていました。しかし国土交通省がIT重説の運用に関して「条件を満たせば対面による重要事項の説明と同様に取り扱うこととする」としたことで対面でなくても重要事項説明が可能になったのです。

この2つのステップが簡素化されることにより忙しいユーザーのネックになっていた部分が解消され、物件の選択から入居までがスピードアップします。不動産会社にとっては、経営の効率化につながることでプラス面が大きい改革といえるでしょう。

5Gで不動産広告戦略はどう変わる?

5Gの普及は、不動産業界のネット広告戦略をさらに加速させるといわれています。広告業界ではすでに地殻変動が起きており大手広告会社電通が発表した「2019年日本の広告費」によると2019年のテレビ広告費が1兆8,612億円に対してインターネット広告は2兆1,048億円となりました。テレビ広告をネット広告が上回ったのは初めてのことです。

ネット広告の世界では、ユーザーの検索履歴に合わせたピンポイントの広告表示ができます。不動産広告も今後はユーザーの属性に合わせて最適な物件が表示されるタイプの広告が主流になるかもしれません。また不動産ポータルサイトに物件を動画で紹介する仕組みも普及しつつあります。いずれにしても5Gのスタートでさらに広告の比重がインターネットに傾くのは確実といえそうです。

5GによるIT技術を駆使した不動産革命は「入居者」「オーナー」「不動産会社」それぞれに利便性という恩恵を与えてくれます。「これからマンションの開発を行いたい」と考えているオーナーにとっては、IoT住宅にすることで他物件との差別化を図ることができるでしょう。付加価値を付けることによって家賃も高く設定することも可能です。

土地オーナーとデベロッパーが協力して5G時代にふさわしいマンションを開発することが期待されます。

>>通常は見ることのできないマンション開発の裏側を大公開!

【あなたにオススメ】
入居者募集のキモ。募集条件を見直そう!
2019年以降の不動産投資は「コミュニティ」が欠かせない
これから浸透が見込まれるスマートセキュリティとは
一棟アパート・マンション経営を成功させる人気設備マーケティング術
賃貸管理上でのトラブル対応術とは?