これから浸透が見込まれるスマートセキュリティとは
(画像=YANUSY編集部)

賃貸経営でIoT設備を導入するケースが増えてきました。日々進化するIoT設備は、賃貸経営のあり方を変えていくともいわれています。今回は、賃貸経営にまつわるIoT設備の最新情報をわかりやすく解説します。

IoTが変える賃貸経営の未来

IoT(アイオーティー)はInternet of Thingsの略で、直訳すると「モノのインターネット」です。コンピュータ同士をインターネットがつなぐ従来のあり方ではなく、モノ同士をインターネットがつなぐことをIoTといいます。スマートフォンで家電を操作するというイメージが浸透してきていますが、今後は自動車などあらゆるモノがIoTによってつながっていく可能性が高いでしょう。

IoT家電だけでなく置き忘れると通知してくれるスマート財布や、眠くなるとアラームで起こしてくれるメガネなど、さまざまなIoTデバイスが開発されています。そんなIoT設備によって、賃貸経営の未来も大きく変わるといわれているのです。最近では、IoT設備の導入に踏み切る不動産オーナーも増えてきました。

なぜなら、IoT設備を導入することで他の物件と差別化することができ、入居者確保につながるケースがあるからです。IoT設備の中でも、防犯対策として効果的なスマートセキュリティは人気があります。都市部の単身世帯や、女性の入居者確保に特に効果的だといわれています。2019年時点では、まだIoT設備を備えた物件の方が少ないですが、今後は数字が逆転していくかもしれません。

IoTにまつわる情報にアンテナを張り、賃貸経営の未来を予測しながら不動産投資を成功させましょう。