不動産投資の法人化にある3つのパターンとは
(画像=YANUSY編集部)

不動産投資を行っている人の中には、不動産投資の法人化を検討している人もいるのではないでしょうか。そこで今回は法人化のメリットとともに法人化の3つのパターンを紹介します。

投資規模が大きくなったら法人化で節税するケースが増えている

個人ではじめた不動産投資の規模が大きくなると、多くの人が「不動産投資の法人化」、つまり不動産管理会社設立を行います。なぜなら以下のような節税メリットをはじめ、多くのメリットがあるからです。