不動産投資
2019.7.5

資産運用の初心者に不動産投資がおススメな理由とは?

(画像=Tinnakorn jorruang/Shutterstock.com)
(画像=Tinnakorn jorruang/Shutterstock.com)
将来の年金対策や資産形成のために資産運用する人が増えています。しかし、さまざまな資産運用の方法があるので、何から検討したらいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

今回は不動産投資が資産運用の初心者に向いている理由を説明します。

不動産投資が投資初心者に向いている理由とは?

不動産投資というと、金額も大きくプロの投資家でないと取り組めないと思っている方も多いのですが、実は初心者であっても取り組める資産運用のひとつなのです。

不動産投資とは不動産を活用して利益を得ることですが、積極的に売買を繰り返して利益を得るだけでなく、毎月の家賃収入で比較的安定した収入を得るという方法が人気です。

現在の国内の状況において、初心者の場合には、不動産の売買を繰り返して利益を得るよりは、賃貸で家賃収入を毎月受け取るというのがよいでしょう。

特別な資格がいらない

不動産投資をするのであれば不動産に関して勉強したり知識を得ることは必要です。

ですが、特別な資格を取得する必要はなく、むしろ資格を持った有識者や専門家の力を借りて不動産投資をしていくため初心者でも不動産投資ができるのです。

会社員など本業がある人でも取り組める

会社員や本業がある人の場合では時間の制約があるため、投資を専門に取り組むことは難しく、たとえば株やFXのように常に相場やチャートに張り付くというのは現実的ではありません。

しかし不動産投資の場合では毎日、目まぐるしく相場が大きく変わるということはないですし、不動産の購入後は、不動産会社や管理会社に業務を委託することで、会社員をしながらでも続けていくことが可能です。

不動産投資は他の資産運用と比べて保証や恩恵が多い

投資初心者の場合は、損失を抱えるリスクはできるだけ減らしたいという方が多いです。

不動産投資の場合では、不動産投資の恩恵はもちろん、他の資産運用と比べて保証が多いというのも初心者におススメな理由のひとつです。

たとえば不動産を購入する際には、団体信用生命保険(団信)という保険に加入するケースが多いです。

これは万が一のことがあった際に、借入の返済を保証してくれる保険ですので、生命保険の代用としても活用できるのです。

また、不動産投資は不動産賃貸業というビジネスですので、金融機関から融資を受けられるというのも重要です。株やFXなどの投資を目的として、金融機関から融資を受けるのはかなり難しいですが、不動産は投資対象そのものに資産として価値があるため、融資を受けることができます。

さらに、不動産投資で得た収入から事業に関わった必要経費を差し引くことができるので、節税に繋がるケースもあります。

不動産投資は家賃収入以外にも多くの恩恵を得ることができるのです。

不動産投資を始める前にするべきこと

不動産投資をするためには事前にしっかりとした準備をすることが大切です。

書籍やネットで不動産の知識を得る

不動産投資のことを知っているか知らないかによって、大きな利益を得ることもできれば、逆に損失を抱えてしまうこともあります。

また、日常生活で聞きなれない用語や表現も多いですから、基本的な知識を得てから物件選定に入りましょう。書籍だけでなく動画サイトやインターネットで情報収集してもよいでしょう。

不動産セミナーでリアルな現状を知る

基本的な知識を得ることができたら後は実践あるのみです。

とはいえ、いきなり物件の内見に行くのはハードルが高いため、不動産投資に関するセミナーなどに参加して、リアルな体験をしつつ同じように不動産投資を検討している人たちと話をするのもよいでしょう。

投資は一人でもできますが、同じ目標を持った仲間がいると意見交換もできますし、有益な情報につながることも多いのです。

誰もが最初は初心者から不動産投資をスタートしていますので、自分にはできないと思わず、まずは知識を得て不動産投資を検討している、始めている人たちの集まる場所に行き情報交換して少しずつ慣れていきましょう。

>>通常は見ることのできないマンション開発の裏側を大公開!

【あなたにオススメ】
不動産投資、新築物件と中古物件、どっちを選ぶ?
不動産投資における物件売却のタイミングを考える
副業ブームの日本!サラリーマン大家になるなら覚えておきたいこと
金利1%台で不動産投資できる恵まれた環境
区分所有と一棟所有ではどっちに投資する?
NEXT 会社員ならぜひ検討したい不動産投資の魅力とは?
PREV 不動産投資家とは不動産賃貸業を行う経営者になるということ

続きを読む

関連記事