スポーツ選手,収入ランキング
(画像=Pakhnyushchyy/stock.adobe.com)

人生のほとんどをスポーツに費やし、一般人には遠く及ばないような収入を手にするスポーツ選手、世界でもっとも稼いでいるのは、どのスポーツをしている選手なのでしょうか。ここでは、アメリカの経済紙「フォーブス」が発表した2020年のスポーツ選手長者番付を紹介します。

世界でもっとも稼げるスポーツは○○

フォーブスによると、世界でもっとも稼いでいるのはプロテニスプレーヤーのロジャー・フェデラーとのことです。年収は1億630万ドル、日本円にして約115億円でした。さらに、女子スポーツでは同じくプロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手が女子スポーツ史上最高額となる年収3,740万ドル、日本円にして約40.5億円を手にしています。

2019年のスポーツ選手長者番付の1位だったサッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドの2020年の年収は1億500万ドル、日本円にして約114億円でした。

スポーツ長者番付1位から10位までを紹介

ここからは、フォーブスによるスポーツ選手長者番付1位から10位を紹介します。

順位氏名年収(日本円:約)スポーツの種類
1位ロジャー・フェデラー115億円テニス
2位クリスティアーノ・ロナウド114億円サッカー
3位リオネル・メッシ112億円サッカー
4位ネイマール103億円サッカー
5位レブロン・ジェームス95億円バスケットボール
6位ステフィン・カリー81億円バスケットボール
7位ケビン・デュラント69億円バスケットボール
8位タイガー・ウッズ68億円ゴルフ
9位カーク・カズンズ66億円アメリカンフットボール
10位カーソン・ウェンツ64億円アメリカンフットボール

ランキングを見ると、テニスプレーヤーは一位のロジャー・フェデラーのみでした。その他は、サッカー選手、バスケットボール選手、アメリカンフットボールの選手が名を連ねています。

さらに、10位以下では総合格闘技の選手の多くがランクインしていました。テニスプレーヤーで世界一位になるロジャー・フェデラー氏の実力がいかなるものか収入からもうかがえます。

日本のテニスプレーヤーは

日本のトップテニスプレーヤーはどのくらいの年収なのでしょうか。大坂なおみ選手は、前述の通り約40.5億円でした。日本男子の筆頭である錦織圭選手は、世界40位で約35億円でした。

世界のトップと比べると少なく感じますが、会社員と比べると1年で35億円も収入を得られるプロテニスプレーヤーの収入の高さがわかります。

スポーツ選手の年収は桁違い!一芸に秀でるのもアリ

子どもの将来を考えて、多くの親はいかにして学力を強化するかを考えます。しかし、世界中に名を馳せるスポーツ選手になれば、大手企業に勤めるよりも多くの収入を得られるようです。子ども本人がスポーツに打ち込みたい気持ちがあるのなら、狭き門ではありますがそちらを尊重するのも“アリ”かもしれません。

>>【無料小冊子】不動産投資ローンマニュアル - 仕組みから審査攻略法までを解説

>>【無料小冊子】40の金融機関と接する融資のプロがコロナ禍でも融資を引き出せる方法を解説

【あなたにオススメ】
高級車の販売員はどう「金持ち客」を見分けているのか
米国富裕層 第2のパスポートを検討
テスラより先鋭的?BYTON×5Gの凄さとは?
富裕層が長生きするには理由がある お金持ちが通う会員制高級人間ドックはいくらかかるのか?
超富裕層だけが使える若さをたもつ裏技